胃痛の原因と症状


胃痛で考えられる病気や症状


急性胃炎

胃炎は消化器疾患の中では比較的ポピュラーな病気で、胃の中の粘膜部分が炎症を起こす病気です。

胃炎には急性と慢性とがあり、急性であれば短期間に治癒しますが、原因が様々であるため、原因に対応した治療が必要です。





外因性急性胃炎の原因

原因が外因、つまり外部環境にあるためこのような呼び方をします。食べ物や飲み物、薬などが原因となります。刺激の強い香辛料やアルコールなどが原因となるケースが多いようです。

また、稀に寄生虫や異物誤飲が原因となることもあります。


外因性急性胃炎の症状

腹部の不快感や寒気といった症状が現れます。また、人によっては嘔吐の場合もありますし、嘔吐物に血が混ざるケースもあります。

これらの症状は比較的短時間で現れてきます(数時間)。


外因性急性胃炎の治療

基本的には症状が軽度の場合が多く、食事を控えることで快方に向かいます。場合によっては絶食を余儀なくされますが、いずれにしても1〜2日の我慢で大丈夫でしょう。

また、やや症状が重く、下痢や嘔吐が続いているケースは入院による治療を要する場合もあります。 受診は内科、胃腸科、消化器内科、消化器外科などが対象となります。


内因性急性胃炎の原因

これはインフルエンザなど臓器の感染症と合併して起こったり、食品に対するアレルギーが原因となります。


内因性急性胃炎の症状

腹痛、嘔吐がメインですが、感染症が原因ですので、発熱など感染症としての症状も現れます。


内因性急性胃炎の治療

原因となっている感染症の治療を行ないます。下痢、嘔吐が激しければ脱水症状などに対する処置も行なわれます。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

慢性胃炎

胃に発生している炎症の状態により、表層性胃炎、萎縮性胃炎、肥厚性胃炎などに分類されます。


慢性胃炎の原因

継続的に胃の粘膜に炎症が起こっている状態で、酒、タバコ、香辛料などの摂取が常態化しているケースに発生しやすくなります。

また、ピロリ菌が慢性胃炎に関与しているともいわれています。


慢性胃炎の症状

あまり際立った症状は現れない場合が多いのですが、慢性的に上腹部の不快感(胃もたれ)を感じる人が多いようです。


慢性胃炎の治療

原因となっているものがはっきりとしている場合はそれらの摂取を控えるようにします。また、食事療法や投薬治療も必要に応じて行なわれますが、具体的な治療を行なわない(=加療の必要がない)場合もあります。

受診は内科、胃腸科、消化器内科、消化器外科などが対象となります。



胃潰瘍

胃潰瘍の原因

胃液が胃の粘膜を消化してしまい、胃を傷つけている状態です。ストレスや薬剤の摂取が原因で発生したりします。


胃潰瘍の症状

腹痛(胃痙攣など)、出血(吐血や下血)、過酸症(げっぷや胸やけ)がメインの症状で、胃潰瘍の三大症状といわれます。


胃潰瘍の治療

食事療法、薬剤投与などで基本的には治癒する病気ですが、ストレスなどの原因を取り除かなければ抗確率で再発してしまいます。ピロリ菌の検査も行い、原因と確認されれば抗生物質などで治療します。

受診は内科、胃腸科、消化器内科、消化器外科などが対象となります。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

胃下垂

胃の下半分が通常位置よりも下に下がっている状態を胃下垂といいます。痩せた女性に多くみられます。


胃下垂の原因

病気ではないために原因は特定されません。


胃下垂の症状

腹部不快感、胸焼け、げっぷなど


胃下垂の治療

治療は必要ではないため行なわれませんが、症状に応じた薬剤が投与される場合があります。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

胃アトニー

こちらも病気というよりは症状のひとつです。胃の筋肉の緊張が低下して働きが弱くなり、食べたものの処理が十分にできなくなった状態です。


胃アトニーの原因

手術や寝たきり、腹膜炎などが原因で引き起こされます。


胃アトニーの症状

腹部の張り、腹痛、ゲップ、食欲不振、吐き気など


胃アトニーの治療

原因となっている病気の治療を行なうことで回復します。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

胃酸過多症

こちらも病気というよりは症状のひとつです。


胃酸過多症の原因

過食や睡眠不足、過労などの胃に負担を与えることで発生します。慢性胃炎などの病気が原因となっていることもあります。


胃酸過多症の症状

胸焼け、げっぷ、胃もたれ、胃液の逆流など


胃酸過多症の治療

お腹に優しいものを食べるようにし、安静にしていれば治まりますが、症状がきつい場合は制酸剤を投与する場合もあります。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

低酸症・無酸症

胃酸が少ない状態、もしくは全くない状態のことをいいます。酸が少ないために消化作用に支障をきたしてしまいます。


低酸症・無酸症の原因

慢性胃炎や胃ガンなどにより、胃の粘膜が萎縮して引き起こされます。


低酸症・無酸症の症状

胃もたれ、食欲不振など


低酸症・無酸症の治療

刺激物を避ける食事療法と、胃酸を補って消化促進をする薬剤投与などを行ないます。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

胃神経症

胃の病気ではないのに、様々な症状を感じます。


胃神経症の原因

特定の原因となる病変はなく、精神的な要素が原因と考えられています。


胃神経症の症状

腹痛、膨満感、嘔吐、げっぷ、胸やけなど


胃神経症の治療

精神的なものですので状態によって心理療法などを行ないます。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

空気嚥下症

げっぷが止まらない状態を指します。


空気嚥下症の原因

精神的な要素が原因と考えられます。胃神経症が原因となる場合もあります。


空気嚥下症の症状

げっぷ過剰、ゲップが止まらない。


空気嚥下症の治療

症状に応じて心理療法や薬剤投与が行なわれます。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

胃憩室

胃の壁の一部が外側へ向けて膨張した状態をさします。


胃憩室の原因

胃の内圧が強い、胃壁に炎症があるなどの原因で発生します。


胃憩室の症状

他の病気との合併症でなければ自覚症状はありません。合併症の場合は嘔吐や腹痛などの症状があります。


胃憩室の治療

痛みなどがなければ治療はされませんが、痛みがある場合は薬剤投与による治療を受けます。また、膨張し飛び出した部分(=憩室)が破裂する場合もあり、その場合は手術となります。



炎症性ポリープ

粘膜の過剰生産により様々な形のポリープが発生するものです。このポリープは癌ではありませんが、ごく稀にガン化することもあります。


炎症性ポリープの原因

慢性胃炎などで胃の粘膜が傷つくことで、その部分を回復させようと粘膜を過剰に生産することでポリープが発生します。


炎症性ポリープの症状

自覚症状はありません。ポリープから出血があれば吐血、下血などの症状が現れます。


炎症性ポリープの治療

基本は経過観察となりますが、大きなポリープの場合は内視鏡による切除も検討されます。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

胃粘膜下腫瘍

胃の粘膜の下の部分、平滑筋や神経、血管などにできる腫瘍を指します。


胃粘膜下腫瘍の原因

胃の粘膜の下の組織に腫瘍ができることで、粘膜を押し上げ、ポリープのようになります。


胃粘膜下腫瘍の症状

自覚症状はほとんどありませんが、腫瘍が大きくなれば潰瘍ができ、出血することもあります。


胃粘膜下腫瘍の治療

基本は経過観察となります。出血している場合や腫瘍が大きい場合には手術などで切除します。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

タンパク漏出性胃腸症

血液中のタンパク質が胃や腸の中に漏れてしまい、便となって排出されてしまいます。低タンパク血症が現れます。


タンパク漏出性胃腸症の原因

腸のリンパ異常や胃腸関連の病気が原因となります。


タンパク漏出性胃腸症の症状

体にむくみや浮腫が現れ、下痢や貧血が起こります。ひどい場合には胸水や腹水などの症状も現れます。


タンパク漏出性胃腸症の治療

基本は食事療法になりますが、元となっている病気に対する治療が必要で、場合によっては手術などの対応がとられます。



>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。